風穴祭之圖

提供:安岐郷誌
移動: 案内, 検索

風穴祭之圖(かざあなさいのず)は風神神社例祭の案内用に刷られた木版画。詳しい事は分かっていないが図中に阿木座があり岩村八幡神社岩村城内に描かれている事から 1860年 (万延元年/江戸後期) から 1873年 (明治6年) 頃を表したものである。また「坂下屋長兵衛」と記されている事から坂本屋が参拝者向けに作らせたものであろう。

目次

風穴祭之圖

風穴祭之圖は風窟祭の長楽寺が参拝者で賑わう様子を表したものである。長楽寺境内に「弁天」「御前堂」「鐘楼」の文字、また大銀杏根木屋橋大根木橋石燈籠などが見られる。

風穴祭之圖
濃州恵那郡阿木風神宮祭禮之圖 参詣日 毎月廿八日 祭禮日 六月廿七日 廿八日

岩村藩 阿木橋場 坂下屋長兵衛

美濃恵奈郡阿木風神神社

美濃恵奈郡阿木風神神社の図は当時の阿木村を書き記したものである。「大野」「廣阜」「蛇ヶ滝」「こもり庵」「風神石燈」「三森山」「岩村城」「八まん」「さいの神」「若王子」「はしバ」「万岳寺」「ぶたい」「大井方入口林迠三十丁 (3.2km)」「岩村方入口松迠三十丁」などの文字が見られる。

美濃恵奈郡阿木風神神社 永代─ 例祭六月二十八日 ─ さい難 ─ 云ふ神

毎日新聞

中津川市
風神宮祭の古い版木見つかる

阿木川入にある風神神社の例祭が31日催されるが、風の神のまつりにちなんだ古い版画の版木が見つかり、まつりのとき展示される。版画を持っていたのは阿木土田、農業、杉浦初男さんで「濃州恵那郡阿木風神宮祭礼之図」と「風穴祭之図」の二つ。

明治以前の神仏混合の時代は、阿木大根木にある長楽寺と風神神社が一つになってまつりが催され、長楽寺は前宮として、けわしい山の中にある神社よりもにぎわった。このまつりのようすを版画にしたもので「岩村在阿木橋場、坂本屋長兵衛」と作者の名がはいっており、寺の位置、道路などがいまのままにほられている。

昭和45年8月30日 毎日新聞
風神神社祭礼の図(切り抜き).png
資料撮影 1970/8/30 [1]

関連項目

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
Sponsored Link
ツールボックス
Sponsored Link